にほんブログ村 > 地域生活 > 新潟情報 > 妻有からの発信

島新田の湯 金城の里

更新日: 2017/03/18 テーマ:妻有の温泉


妻有地域の温泉ではないのですが、初めて知った温泉なので
興味があったので足を延ばしてみました。

でも、施設ができてからもう13年も経っていました。
こじんまりとしていて、道路沿いの看板もどこにあるかわからない
ほどの質素なものです。

smallIMG_0037_20170318162819e56.jpg

smallIMG_0042.jpg

泉質はアルカリ性単純泉、無色透明・無味無臭。
1200メートルの地下からは39.5度の少しぬるめの源泉が
85/分 ㍑ 噴出し、量的にはまあまあでしょうか。
温度的には加温をしているようです。

でも、加水無し、循環無し、掛け流しがいいところです。
湯船の縁からこぼれているところがいいですねぇ。

魚野川の土手下に位置し、近くに金城山が望める、・・・・・と、思いきや、
湯船につかると全く何も見えません。
巻機山もしかり。

板塀がじゃましているのです。
生け垣とかほかのもので代用できないのでしょうか!?
せっかくの絶景(!?)が台無しです。

湯船につかる、ユッタリとし、リラックスし、癒しを求める、
こんなところが人々が温泉に行く所以ではないんでしょうか!

この板塀、残念です。





ブログランキング・にほんブログ村へ ←ブログ・ランキングに参加しています。1日1クリック、応援よろしくお願いします!
コメント: 2 | トラックバック: 0

にほんブログ村 > 地域生活 > 新潟情報 > 妻有からの発信

療養冷鉱泉って聞いたことありますか!?

更新日: 2016/05/11 テーマ:妻有の温泉



久しぶりに行ったところがこんな温泉、いや、鉱泉。

smallIMG_0004_2016051119392872f.jpg

鉱泉って。

源泉の温度は16.4度。

冷たい、冷たい?!
いや、冷たいかどうか源泉はわかりません。
でも、16.4度と言えば当然冷たいでしょう。

ここは妻有の温泉地ではありません。
南魚沼市の上野(うわの)鉱泉「中の湯」です。

smallIMG_0001.jpg

国道353号線の山あいの道路沿いで、石打駅からほど近いところにあります。

明治以来の古くからの湯治場で、客層は湯治客がほとんどのこと。
それもそのはず、宿のご主人によると湯治客しか受け付けないとのことです。

上越線の沿線上にスキー場がいっぱいあり、お客も多いと思うのですが・・・・・・・・。
ご主人のこだわりと言うか、信念なんでしょう。

ただし日帰り入浴はOKです。

事前に入浴できるかどうかたずねたところ快く引き受けてくださり、わざわざご主人が
待っていてくれました。

沸かす温度は41度とのこと。
入ると程よい暖かさが体にしみわたってきます。

泉質は単純硫黄冷鉱泉です。

smallIMG_0009_201605111939585c9.jpg

宿のパンフレットにこれほど事細かに温泉分析表を書いてあるのは初めてです。
ここにもこだわりがあるんでしょうか!?


上野鉱泉は以前は旅館が何軒もありにぎわったみたいですが、
今は2軒ほどになってしまい当時の雰囲気はまったく感じられませんでした。

湯上りのお茶をもらいながら、これからどう立て直すかご主人の熱い心意気を
存分に聞いてきました。


やはり、PRできる目玉が一つあるといいのではないかな!?、
と思いながら玄関を後にしました。


ご主人様どうぞ今後のご健闘を期待しております。





ブログランキング・にほんブログ村へ ←ブログ・ランキングに参加しています。1日1クリック、応援よろしくお願いします!
コメント: 4 | トラックバック: 0
| ホーム | 次ページ
07 << | 2017/08 | >> 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

その他

タグ